なおタローの簡単クッキング

今日は何食べようかな。悟り世代&ミレニアル世代ど真ん中、なおタローがお届けする一人暮らしの簡単料理帳



タンドリー風チキン

懐かしのレシピです。

小さな頃、夏休みなんかに家族でバーベキューをする時は決まってこれが準備されていました。

焼くときに金網にひっついちゃって、正直バーベキューに向いてる具材じゃないですが笑、母が友人から教わったレシピだったそうで、目新しかったのもあり、子供みんなで楽しく食べてたっけ。

 

先日、池袋のインド料理屋さんでカレーを食べたのですが(マサラカレーが美味しかった!)、定番のチキンティッカ(タンドリーチキン)もついでに頼みました。

タンドリーチキン、やっぱ硬いです。本場のタンドーリチキンも硬くてパサパサしているみたいですね。それはそれで楽しくいただきましたが、少し日本風にアレンジしてみましょうか。バーベキューのあれは何と呼んでいたかは忘れましたが、鶏肉のヨーグルト漬けカレー風味とでも名付けましょう。

タンドール(オーブン)ではなく、テフロン加工された鍋やフライパンで焼きます。

 

f:id:naotaro7:20170701225113j:plain

 

調理時間

下ごしらえ 5分

漬け込み 数時間〜1晩

焼き時間 5分

 

材料 3〜4食分

 

鶏もも肉 1枚

カレー粉(塩が入っているもの) 大1

ヨーグルト(微糖)100cc

 

※無糖のヨーグルトを使う際は 砂糖大さじ1を加えてみてください

※無塩のカレー粉の場合、塩を2つまみ程加えてください

 

 

1、鶏肉は大きめのぶつ切りにし、保存容器に並べます。

2、調味料を和えたヨーグルトを上からかけてなじませ、数時間から一晩漬け込みます。

 

3、テフロン加工された鍋やフライパンで両面しっかり焼いたら出来上がり。

はじめに皮の方を下に敷いてこんがり仕上げましょう。

f:id:naotaro7:20170701230152j:plain

 

付け合せにはピクルスや玉ねぎのマリネなんかがさっぱりしていいですね。

→甘酢玉ねぎ