なおタローの簡単クッキング

今日は何食べようかな。さとり世代とミレニアル世代の子ども、なおタローがお届けする一人暮らしの簡単料理帳



南蛮漬け野菜

 

野菜を南蛮漬けにしておくと、便利な常備菜になります。

魚や肉と合わせてもいいですし、そのまま食べてもさっぱりとしいて、いくらでもパリパリ食べれてしまいます。

 

生姜、人参、玉ねぎのセットに、お好みでピーマン、みょうが、ゆず等、季節の野菜や薬味を加えてアレンジしてみてください。

なおタローはこれに蓮根を加えたやつが好きです。

今回は季節外れでスーパーに蓮根がなかったので、夏らしいセロリを入れました。

 

野菜を千切りにするのが一手間ですが、切ってしまえば後は簡単。めんつゆ、酢などで一煮立ちするだけです。

レモン汁やポン酢の素を少し加えると、爽やかな香りになります。

 

f:id:naotaro7:20170601041522j:plain

 

調理時間10分

材料

 

玉ねぎ 大一つ

人参 小一本

お好みの野菜 適量

生姜 2スライスくらい

 

水 250cc

酢 50cc

めんつゆ濃縮タイプ(創味のつゆを使いました)大3〜5

ポン酢の素又はレモン汁 大2

みりん 大2

酒 大2

唐辛子または一味(お好みで)

 

 

 

1、生姜、玉ねぎ、人参を千切りにして鍋に入れる。今回はセロリも加えました。

(セロリは加熱するとすぐに色が変わってしまったので、後で入れたほうがよかったかも。)

玉ねぎの血液サラサラ効果が欲しい方は、15分ほどそのまま置いておきましょう。

 

f:id:naotaro7:20170601041548j:plain

 

2、水、調味料を入れ火にかけ、沸騰したらすぐに火を止める。

 

3、保存容器に入れて冷まします。

 

みりんや酒のアルコール分が気になる方は、先に加熱して飛ばしてください。

また、酢を先に加熱しておくと、まろやかになります。

 

そのまま食べる用に味付けしました。肉や魚と漬け込む場合はめんつゆを増やして濃くしたり、みりんを除いて甘さを控えてもいいですネ。お好みでどうぞ。