なおタローの簡単クッキング

今日は何食べようかな。さとり世代とミレニアル世代の子ども、なおタローがお届けする一人暮らしの簡単料理帳



簡単・生姜のみじん切り

果物でも、野菜でも、始めに皮を剥きますよね。

 

生姜をちょっと薬味なんかで使いたいとき、皮を剥いてから切っていませんか。

私はそうでした。皮を剥いてからスライスする、これが子供の頃、母や祖母の手元を見ながら始めに覚えた切り方です。

 当時なおタローの家は家族が7人もいたので、一つ薬味を切るのも多めにやらないといけなかったからでしょう。

 

でも今は一人暮らし。料理するのも一食分と七食分ではいろいろ変わってきます。

ある日、生姜をスライスしてから切ると、断然早いのに気がつきました。

 

些細なことですが、なおタローはこれで毎度生姜を切るのが億劫ではなくなりました。

もしかしてこの切り方が主流なのかもしれません・・・

 f:id:naotaro7:20170529142144j:plain

生姜をスライスします。

繊細な千切りやみじん切りにしたい場合、うすーく切ります。

 

スライスしたら、残りの生姜は切り口をラップで密封し、保存。

 

f:id:naotaro7:20170529142214j:plain

皮を切り取っていきます。

 

 

f:id:naotaro7:20170529142243j:plain

千切りにします。

みじん切りの場合はこれをまた、垂直に切ります。

 

 

生の生姜もいいですが、冬場は乾燥させた生姜のパウダーもおすすめです。

加熱して乾燥させると、ショウガオールという体を温める成分が一気に増えるみたいです。

→ウルトラ生姜パウダー